スポンサードリンク

2009年03月26日

住宅ローンと年収 ここまでのまとめ

これまで4回にわたって、家を買う時に考えなければ
ならない事や、住宅ローンと年収との関係についてお
話して来ました。

今回はこれまでお話して来た事をまとめてみました。

まず、家を買う時に考えなければならない事についてのまとめ。

・「購入住居の価格=頭金+ローン借入額」という数式を
 忘れない事。
・買える住居の価格は、頭金と年収で決まる。

ついでに、家を買うために必要な諸費用の事も頭に入れて
おく事をおすすめします。

続いて、住宅ローンを利用する際に考えなければならない事
についてのまとめ。

・「住宅ローンは年収の5倍、月々のローン返済年間総額は
 年収の5分の1」と言われるが、その言葉を鵜呑みにしない
 事。

人によって生活のレベルが違う事や、住んでいる地域に
よって物価が違うので、年収が同じ人が必ずしも同じレ
ベルの生活をしているとは限らないためです。

・住宅ローンを利用する時の一つの目安として、
 「返済負担率を割り出す」というやり方がある。
 (負担返済率とは、税込年収における年間返済額の割合の事)

・返済負担率の数式は、「年間の住宅ローン返済額÷年収×100」

・一般的な子どものいる家庭の返済負担率は15〜25%
 くらいが目安。

これも、この数字にとらわれ過ぎない方がいいが、
あまりにも返済負担率が低い場合は家計を見直す事
をおすすめします。

あと、老婆心ながら、住宅ローンは年収でその借入額を
考えるのはやめて、1年に支給される基本給の総額で考え
た方がいいかと思います。

そうすれば、たとえ残業代が減っても、ボーナスが減って
も、「住宅ローンの支払い、どうしよう!」とあたふたし
なくて済みますので。


ラベル:ローン 年収
posted by ken at 10:00| ローンと年収について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。